よくあるご質問(損害保険について)

自動車事故

先日信号停車中に追突されケガをしましたが、保険会社へ事故の連絡をする必要がありますか?
加害者から全額賠償を受けられる事故の場合でも、契約の内容によって人身傷害保険金や搭乗者傷害保険金などを請求できる場合がありますので、必ず取扱代理店または保険会社へ事故の連絡をしてくださ い。
飲酒運転で事故を起こした場合でも保険金は支払われますか?
相手のケガ・損害に対する対人賠償保険金・対物賠償保険金や同乗者のケガ・損害に対する人身傷害保険金・搭乗者傷害保険金・対人賠償保険金・対物賠償保険金などは支払われますが、飲酒運転をしていたご本人のケガ・損害に対する人身傷害保険金・搭乗者傷害保険金や車両保険金は支払われません。
病院で「交通事故には健康保険は使えない」と断られました。
本当に交通事故では健康保険は使用できないのでしょうか?
交通事故など第三者の行為によりケガをされた場合でも被害者ご本人の申し出があり、業務外の事故であれば健康保険、業務中の事故であれば労災保険を使うことができます。
この場合、健康保険を使用したから加害者が治療費などを支払わなくてすむということではなく、健康保険組合は追って加害者(保険契約をされていれば通常は保険会社)へ求償します。
追突事故を起こし、警察には物損事故で届け出をしたところ、翌日被害者から「首が痛いから病院に行く」と連絡がありました。どうしたらよいでしょうか?
人身事故として警察に届出をしてください。対人賠償保険金を請求される場合には、原則、人身事故としての交通事故証明書が必要となります。
車が盗難されました。車両保険金を請求したいのですがどうしたらよいでしょうか?
また、車両保険金を受け取った後に車が発見された場合はどうなるのでしょうか?
警察へ盗難事故の届出をした後に車両保険金を請求してください。車両保険金をお支払いした日の翌日から60日以内に車が発見された場合は、すでにお受け取りになった保険金を返還して車をお受け取りになることができます。この場合、発見されるまでの間に車に生じた損害に対して車両保険金を請求することができます。
私は自動車事故の加害者ですが、先日被害者から訴訟を提起されました。
対人賠償保険を契約していますが、示談交渉や弁護士の選任は自分でしなければならないのでしょうか?また、弁護士へ依頼する費用や訴訟費用は対人賠償保険から支払われるのでしょうか?
被害者から訴訟を提起された場合は、必ず契約されている保険会社へ連絡してください。弁護士については保険会社で選任します。訴訟費用、弁護士報酬などは、一部の場合を除いて対人賠償保険でお支払いします。ただし、法律上の損害賠償責任の額がご契約金額を明らかに超える場合や、保険会社と直接 折衝することについて相手方の同意が得られない場合などは示談交渉(弁護士の選任を含みます。)できません。(示談交渉付きの自動車保険に限ります。)

保険用語

過失割合とは?
保険事故の損害額のうちご自身の責任割合をいいます。
告知義務とは?
ご契約者または被保険者には、ご契約時に告知事項として契約申込書に定める項目について、事実を正確にお申し出いただく義務があります。この義務のことを告知義務といいます。契約申込書に記載された告知事項の内容が事実と相違している場合には、事故の際に保険金をお支払いできないことや、ご契約を解除させていただくことがありますのでご注意ください。
ご契約金額(保険金額)とは?
事故が生じた場合に保険会社がお支払いする保険金の限度額をいいます。実際にお支払いする保険金の額はご契約金額をもとに決定されます。なお、ご契約金額はご契約時にお決めいただきます。
再調達価額とは?
損害が発生した時の発生した場所におけるその保険の対象と同一の構造・質・用途・規模・型・能力のものを再築・再取得するのに必要な額(修理可能な場合は再築・再取得費用と修理代金のいずれか低い額)をいいます。
再保険とは?
保険会社が危険の分散を図るため、自社の引き受けた保険(元受保険)契約上の支払責任の一部または全部を他の保険会社に転嫁することをいいます。
時価とは?
再調達価額から経過年数や使用損耗による減価分を差し引いた金額をいいます。
質権設定とは?
火災保険などで、保険契約をした物件に損害が生じたときの保険金請求権などを被保険者が他人(質権者)に質入れすることをいいます。一般的に、住宅ローン返済中の住宅を保険の対象とした火災保険では、住宅ローンの債権者(銀行などの金融機関)が質権者となります。
車両入替とは?
新たに自動車を購入した場合などに、ご契約者の請求により、保険証券記載の自動車(被保険自動車)と入れ替えることをいいます(一定の条件を満たす必要があります。)。車両入替は通知義務であり、通知がないと保険金をお支払いできない場合があります。
通知義務とは?
ご契約者または被保険者には、通知事項として契約申込書および保険証券・保険契約継続証に定める項目について、変更が生じた場合に遅滞なくご連絡いただく義務があります。この義務のことを通知義務といいます。遅滞なくご連絡いただけない場合において、変更後に適用される保険料が変更前のものより高いときは、変更の後に生じたケガについては保険金を削減してお支払いすることがあります。また、変更に伴い追加保険料が必要となる場合に追加保険料をお払い込みいただけないときには、ご契約を解除させていただくことや、変更後に生じた事故によるケガについて保険金を削減してお支払いすることがありますのでご注意ください。
被保険者とは?
ご契約いただいた保険の補償を受けられる方をいいます。
保険価額とは?
保険をつけた物の価額(評価額)をいい、通常、「時価」と同じ意味です。
保険金とは?
保険契約により補償される事故によって損害が生じた場合に、保険会社が被保険者にお支払いする金銭をいいます。
ご契約者(保険契約者)とは?
保険会社に対し保険契約のお申込みをされた方で、保険契約上のさまざまな権利・義務を持たれる方をいいます。
保険の対象とは?
保険を付ける対象のことで、自動車保険での自動車、火災保険での建物・家財・商品、海上保険での船舶・積荷などがこれにあたります。
保険約款とは?
保険契約の内容を定めたもので、ご契約者の保険料払込みや告知・通知の義務、また保険会社が保険金をお支払いする場合の条件やお支払額などについて記載されています。保険約款には、その保険契約に共通な契約内容を定めた「普通保険約款」と、普通保険約款の規定内容を補充・変更・限定する「特約」とがあります。特約については、契約お申込み時にセットする、セットしないを確認して契約します。
保険料とは?
ご契約いただく保険の内容に応じて、ご契約者にお払い込みいただく金銭をいいます。
免責とは?
保険会社が保険金の支払責任を負わないことをいいます。保険会社は保険事故が発生した場合には、保険契約に基づいて保険金のお支払いの義務を負いますが、特定の事由が生じたときは例外としてその義務を免れることになっています。例えば、戦争その他の変乱によって生じた事故、ご契約者などが自ら招いた事故、地震・噴火・津波による事故などがあります。
自己負担(免責金額)とは?
ご契約いただいた保険で保険金をお支払いする事故が生じた場合に、ご契約者もしくは被保険者に自己負担していただく額をいいます。